長生き速報

    カテゴリ:腫瘍

    1: 健康が気になる名無し 投稿日:2006/09/29(金) 19:00:14
    大腸ポリープ:和食で発生率が2~3割減少 学会で発表

     肉をなるべく魚に替え植物油の摂取量を減らし、旧来の和食を食べるよう指導を受けた人は、
    そうでない人に比べ、大腸ポリープの発生率が2~3割程度減ることが、名古屋市立大の
    徳留信寛(とくどめしんかん)教授(公衆衛生学)らの研究で分かった。

    食事改善の効果が出るには2年程度かかり、徳留教授は「継続した取り組みが大切」と訴えている。
    横浜市で開催中の日本癌(がん)学会で28日に発表した。

     徳留教授らは96年から04年までに、同大で大腸ポリープを切除された50代から70代までの
    男女計206人を、くじで二つに分けた。片方の104人には、肉はなるべく魚に替える、
    てんぷらなどの揚げ物を避けるなどの指導を3カ月おきに繰り返した。
    残りの102人には食事の脂肪を減らすよう一般的な指導をした。

     最初の指導から2年後に検査すると、一般的指導のグループでは検査を受けた74人中
    27人(36%)にポリープが再発していたが、魚を多く食べるなどの指導を受けたグループでは
    91人中26人(29%)にとどまった。検査を受けなかった人も含めて推計すると、
    魚食などでポリープが2~3割減らせたとの結論が出た。

     ポリープを調べると、一般的指導の方が、悪性度が高くがんに近いポリープの割合が高かった。
    ただ、1年後の検査ではポリープの率に差がなかった。大腸がんの多くはポリープからできるため、
    徳留教授は「適度な運動と食事改善で、大腸がんを半減できるのではないか」と話している。
    【高木昭午】

    毎日新聞 2006年9月29日 11時09分
    http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20060929k0000e040037000c.html

    1: 健康が気になる名無し 投稿日:2006/09/27(水) 01:27:15
    母乳やヨーグルト、大腸ポリープ抑制効果 たんぱく質「ラクトフェリン」

     母乳やヨーグルトなどに含まれるたんぱく質「ラクトフェリン」に、大きくなるとがん化する可能性がある大
    腸ポリープ(腺腫(せんしゅ))を縮小させる効果があることが、国立がんセンターがん予防・検診研究センタ
    ーの神津隆弘室長らの調査で分かった。28日から横浜市で始まる日本癌(がん)学会で発表する。

     ラクトフェリンは、人間の母乳、特に初乳に多く含まれる。牛乳などにも含まれるが、量が少なく熱に弱い欠
    点がある。

     今回の研究では、牛乳から分離、精製したラクトフェリンの錠剤を使用。同センター中央病院で、すぐには内
    視鏡切除の必要がない直径5ミリ以下の腺腫が見つかった104人に協力を求め、1日3グラム、あるいは
    1・5グラムを摂取する群と、ラクトフェリンを含まない偽薬を摂取する群の計3群に分けて、1年後に腺腫の
    変化を比較した。

     その結果、偽薬の群では直径が平均6%増大したのに対し、1・5グラム摂取群では2・1%の増大にとどま
    り、3グラム摂取群では4・9%の縮小が認められた。

     また、3グラム摂取群では、血中のラクトフェリン濃度が高く保たれ、免疫細胞の一種であるNK細胞が活性
    化することも分かった。

     神津室長は「腺腫を縮小させる食品成分が見つかったのは初めて。ラクトフェリンの摂取で、腺腫の増大が抑
    制できるのであれば、大腸がんの予防効果も期待できる」と話す。

    (2006年9月26日��読売新聞)

    ソース:
    http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20060926ik04.htm

    このページのトップヘ