長生き速報

    2015年11月

    1: 健康が気になる名無し 2014/12/04(木) 11:03:28.67 ID:???.net
    聞いて納得!栄養士が「自分では絶対に買わない」ヤバい食品4つ
    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20141203/Wooris_111515.html

    スーパーに行けば、所狭しと様々な食材や食品が売られていますが、みなさんは何を基準にお買い物をしていますか? 
    健康に気を遣う人であれば、自分が食べるものを選ぶ目も厳しく持っていたいもの。
    でも、もしもあなたがいつも買っている食品が、美容や健康面で、栄養士が絶対に買わないものだとしたら……?
    そこで今回は、英語圏の家事情報サイト『Good Housekeeping』の記事を参考に、
    米国の栄養士や看護師たちが「自分は買わない」と警鐘をならしている食品4つと、その理由をお伝えしましょう。

    ■1:加工肉
    ソーセージやハム、ベーコンなどの加工肉は手軽ですし、つい手が伸びてしまう人も多いでしょう。
    でもこれらの加工肉には、添加剤や防腐剤が多量に含まれている可能性があると、米国登録栄養士のケイティ氏は指摘しています。
    また、塩分や身体によくない脂肪分が豊富である点も、注意したほうがいいでしょう。
    加工肉がお好きな方は、摂りすぎには気をつけてくださいね。

    ■2:カラフルなお菓子
    米国登録栄養士のフランシス氏は、食品着色料と砂糖が多く含まれているこれらの食品に、
    警鐘を鳴らしています。肥満の原因ともなるので、栄養士は食べない食品のようですよ。
    カラフルなキャンディは見た目が可愛いので、プレゼントにすることもあるかもしれませんが、
    とくにお子さんには、なるべくあげないほうがよさそうです。

    ■3:市販のトマトソース
    パスタソースのラベルを見てみると、ナトリウムが含まれていることが確認できませんか? 
    米国登録栄養士ダナ氏は、トマトソースにはナトリウムに加えて、甘味料や砂糖が多く含まれている点を指摘しています。
    トマトソースに限らず、多くの缶詰ソースは同様に甘味料や砂糖が多く含まれているのだそう。
    少し手間はかかりますが、トマトソースは手作りしたほうが安心といえるかもしれません。

    ■4:冷凍食品
    スーパーに行けば便利な冷凍食品がたくさん売られていますが、
    塩分や糖分、添加物、香料などが多く含まれているため、健康的とはいえないと、
    米国の看護師ミシェル氏は指摘します。
    時間がないときにはついつい便利な冷凍食品を使用してしまいがち。
    でも、美容や健康を考えれば、手間はかかったとしても自炊したナチュラルなものを食べるほうが、やはり安心といえるのではないでしょうか。

    以上、米国の栄養士や看護師が「自分は買わない」という食品4つと、その理由をお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?
    スーパーで売られている食品の中には、私たちが驚くくらいに添加物や着色料などが、ドバドバと加えられているものも多くあります
    食べているものの影響で、健康被害が出てしまってからでは、遅すぎます。
    「市販されているものだから、全て安心なはず」とは思わずに、常に自分が納得できるものだけを購入する意識が大切でしょう。
    今回ご紹介したような点が気になった方は、ぜひご注意ください。

    images (2)

    1: 健康が気になる名無し 投稿日:2014/12/16(火) 21:17:10.33 ID:gv0rv8X10
     現代の日本では、長時間労働が当たり前になり、コンビニをはじめ24時開いている店も多く、夜型のライフスタイルが広まり、
    慢性的な睡眠不足に陥っている。1960年では8時間半近く眠っていた日本人は、最近は7時間半と1時間近く、睡眠時間が減った。
    特に日本の仕事をしている女性の睡眠時間の短さは世界の中でも群を抜いている。いまの日本人は慢性的な睡眠不足だ。

     国立精神・神経医療研究センターが睡眠不足の精神面への影響を調べる研究を行ったところ、わずか5日の睡眠不足で、不安と混乱が強まり、
    抑うつ感が強まることが判明した。研究対象となったのは健康成人男性である。
    ストレスもなく元気な人であっても、睡眠不足の場合、脳はうつ状態や強いストレスを受けた状態に近くなるのだ。

     そもそも睡眠の役割のひとつが、ストレスを取り除くことにある。睡眠は脳と心身の疲れを取り除き、成長ホルモンの分泌により組織を再生して、
    さらに記憶を整理して、マイナーな感情を消して、必要な情報をしまいこむ。
    睡眠が不足することにより、適切に記憶することができなくなり、マイナスな感情がたまっていく。

     実験の日数、5日間...と言えば、週の平日と同じ日数。「平日は睡眠不足でも週末に眠りを補えばいいだろう」と考えているかもしれない。
    しかし平日の5日間で脳はダメージを受けてしまう。
    しかも休日の寝だめは、体内リズムを狂わせて、時差ボケを引き起こし、月曜からの目覚めをつらいものにしてしまう。

     自殺者には精神疾患が多く見られるが、中でもうつ病は多い。
    http://biz-journal.jp/2014/12/5_1.html

    1: 健康が気になる名無し 投稿日:2015/11/24(火) 11:35:37.94 ID:CAP
    糖尿病と歯周病は関係が深いとされているが、歯のぐらつきがある人はより注意した方がよいようだ。
    東京大学大学院医学系研究科の宮脇敦士氏(公衆衛生学)らは、男性会社員を調査した結果、
    歯周病の度合いが高い人は5年以内に糖尿病になる可能性が高かったと、11月4~6日に長崎市で開かれた
    日本公衆衛生学会の会合で発表した。歯周病の中でも、歯のぐらつきがある人で特にリスクが高かったという。

    (以下省略)

    http://kenko100.jp/articles/151124003688/

    afdc96d5e54cdb61b06d44ae9e5e1253

    このページのトップヘ