長生き速報

    1: 健康が気になる名無し 投稿日:2015/10/13(火) 15:01:27.54 ID:BxZ+PuLN
    2015/10/12 17:45 心理カウンセラー Nao Kiyota

    糖尿病は“10人に1人”がかかると言われる病気。予防には食生活や運動習慣を整えることが重要ですが、実は心の健康とも大きく関係しています。今回は、糖尿病を防ぐために知っておきたい、糖尿病と心の関係をご紹介します。

    ■糖尿病とうつ病には関係がある!?

    糖尿病を患う人の約30%にうつ症状があることが判明し、糖尿病と心の問題が注目を集めています。糖尿病患者はうつ病になりやすく、また、うつ病患者は糖尿病になりやすいのだそうです。

    糖尿病になると食事制限などの自己管理が求められるため、治療が長引くとストレスによる心の不調も長引きます。また、うつ病があると運動不足になったり、自己管理が難しくなったりするため、糖尿病になりやすくなると考えられています。

    心と身体は繋がっていますから、どちらか一方の不調が長引くと、やがてもう一方の健康を損ねてしまいます。心身ともに健康な状態を保つことが重要になってきます。

    ■糖尿病とうつ病を併発すると……

    糖尿病とうつ病を併発すると、死亡率は1.6倍、医療費は4.5倍に跳ね上がります。また、神経障害や糖尿病性腎症、網膜症などの合併症が起きやすく、合併症が悪化しやすくなるといいます。

    うつ病を併発すると前向きな治療を行うことが難しくなるため、糖尿病の悪化を招いてしまうという悪循環にも陥りやすくなります。

    糖尿病を防ぐために食生活や運動習慣を改善することは重要ですが、心のケアにも注目し、うつ病を予防することが重要です。

    ■うつ病は「身近な病気」(記事の続きや関連情報はリンク先で)

    引用元: nikkanCare.ism http://nikkancareism.jp/archives/68848

    1: 健康が気になる名無し 投稿日:2015/12/26(土) 09:15:33.69 ID:8k+M3t0G0.n
    尿酸値が高い人は、特に要注意!
    尿酸と呼ばれる物質が体の中に溜まりすぎると痛風の原因になると言われています。
    http://img.tabi-labo.com/wp-content/uploads/2015/12/02416460.jpg

    プリン体の摂取量の目安は
    1日400mg/100g
    http://img.tabi-labo.com/wp-content/uploads/2015/12/97310860.jpg

    一般的な目安として、各食材100gあたりに、どのくらいのプリン体が含まれているかで、その数値が高いか低いかを決定します。

    その分類がこちら。

    300mg以上(極めて多い)
    200~300mg(多い)
    50~100mg(少ない)
    50mg(極めて少ない)

    ※一日当りの摂取量は400mg/100gが目安とされています。

    プリン体を多く含む食べ物

    1. あんきも(400mg/100g)
    2. レバー類(210~320mg/100g)
    3. カツオ(211mg/100g)
    4. イワシ(210mg/100g)
    5. えび(195mg/100g)
    6. サンマ(150mg/100g)
    7. 納豆(113mg/100g)
    8. 牛ヒレステーキ(100mg/100g)
    9. うなぎ(92mg/100g)
    10. ビール(12~25mg/350ml)

    http://tabi-labo.com/224311/doctors-me-gout10/

    このページのトップヘ